一戸建て 貸すのもあり???

 

一戸建て売却前に要検討?賃貸として貸す選択肢

 

所有物件として一戸建て住宅をお持ちの方で、売ることを希望するような方の場合では、売る前に賃貸として貸し出しを行う方法も念頭に置いている場合も見られます。

 

一戸建て住宅の場合では建物にも大きく影響される内容ですが、一般的には資産価値の高いものとして取り扱われていることが多く、売る方法で大きな資金を得ることができるメリットがあります。

 

しかし、売ってしまった場合では1度だけの売却益になってしまうことになり、その後に関しては資金を得ることができません。

 

一方で賃貸として貸し出しを行う方法であれば、毎月の家賃収入を見込むことができるので、長期的に資金を得ることができます。この2つの方法で、どちらが得なのかを考えた場合では、一戸建て住宅の状態や所有者の状態次第で大きく変わることがあります。例えば既に古くなってしまった一戸建て住宅の場合では、老朽化が進んでしまい、賃貸として貸し出しを行った際には、随時必要に迫られてリフォームや修理修繕が必要になることも多く、諸経費が大きくかかってしまうことがあります。

 

また、古い住宅であれば十分な額面の家賃を得ることができないケースもあり、場所によっては常に入居者を確保することが難しい状態になる可能性もあります。しかし、一戸建て住宅の中にはメンテナンス費用もあまり必要としない状態で貸し出すことができる物件も見られ、一戸建て住宅の場合ではエリアによりますが、一般的には定着率が良いとされているので、入居者の確保に困らないというケースも見られます。

 

売ることを考えた場合では、売却後に関しては煩雑な管理なども必要としないメリットや、できるだけ早期に売る方法で資産価値を下げずに一戸建て住宅を売ることができる場合も見られます。その結果としてどちらの方法を選択するのかは、売却することを想定して査定額などを把握した際に、その額面を見て判断することも良い方法になり、専門家の話を十分に聞き入れてみることもおすすめの方法です。