一戸建てを売りたい場合には、ます希望の売値を決めることが大切です。

 

一戸建て査定で他よりかなり高い金額がついた場合

 

売値の決め方は自分がその家を購入した金額や、周辺の相場、家の傷み具合などで決めることが多いのですが、不動産の素人である売主にはその感覚が良く分からないことも多く、不動産会社に査定をしてもらい決めることが多いものです。しかし、不動産会社によっては素人から見ても高すぎる査定価格を付ける不動産会社が有ります。

 

不動産会社の中には、不動産仲介の手数料だけでなく、更に大きな儲けを期待する所もあります。その方法の一つが、家やマンションなどを安く買い取り、自社物件として高く売却することです。買取価格と売却価格の差額が不動産会社の利益となるので、出来るだけ安く買取り、出来るだけ高く売ることが大きな利益を生むことになるのです。とはいえ、マンションにしても一戸建てにしても販売価格を高く設定しても売りにくくなってしまうだけなので、出来るだけ買取価格を安くすることで差額を大きくしようとします。

 

一戸建ての査定価格を高くすることでなかなか買い手がつかないようにして、売れない期間を長くすることで買主を焦らせ、最終的に安く買い取ることで売却時の利益を大きくしようとするのです。売主は売れるまでの間は家の維持費を負担しなければならないので段々と不安になり、最後には不動産会社に言い値で売却することになってしまうことが多いのです。そのため、高すぎる査定価格を付ける不動産会社には注意をすることが大切です。

 

一戸建ては特に住宅の状態により相場が大きく異なるためなかなか不動産会社の提示する査定価格が相場に対して高いのがどうかの見当が付きにくいものです。このようなことを避けるためには複数の不動産会社に査定を依頼し、その金額を比較すること、その比較が完了するまでは不動産会社との媒介契約はしない方がよいでしょう。また、そのような不動産会社は専任媒介契約という、他の不動産会社が仲介できない契約を望むことが多いので注意が必要です。