離婚で売却する場合

 

最近増えてる?離婚で一戸建て売却するというケース

 

結婚をして新生活をスタートさせた後に、新しく住宅を購入される方も数多くいるものです。一戸建て住宅を購入して、家族が増えても対応できる状態に保つことや、持ち家として所有することで財産としての名目を作ることもできます。しかし、ご家庭によっては後に離婚をしてしまう方が多いことも実情になり、この場合では一戸建て住宅を売ることを考える方がいます。離婚がきっかけで一戸建て住宅を売る時には、注意点があるので事前に把握しながら売却を進めることが必要です。

 

まずは、所有者を明確にすることが必要です。夫名義の場合では夫だけに売却を行う権利が生じることになりますが、妻との共有名義となっている物件の場合では、両方の承諾が必要とされています。一般的に多い傾向としては、離婚をした後に妻や子供が一戸建て住宅に住み続けるパターンですが、このケースで売却を考えている方ならば、離婚協議を行う段階で家の名義変更を済ませておくことが大切です。住宅ローンを組んでいることも一般的になることから、状態次第では家庭裁判所で支払いに関しての取り決めをしっかりと済ませておく方法で、後々に発生するトラブルをなくすことができます。

 

例えば妻が一戸建て住宅に住み続け、後に売却を行う方法であれば、妻名義に変更していることが条件になり、全ての問題がクリアしている場合では不動産会社を利用して売却を進めることができます。しかし、実際に売却を行った金額よりも残債が多い場合では借金が残ってしまうことになるので、十分な計算を事前に行ってみることが大切な方法です。他の手段として任意売却を利用する方法も用意されていますが、一戸建て住宅の持っている価値を十分に引き出すことを考慮したならば、できるだけ資金を貯めておき、少しでも高い査定額を提示している不動産会社に仲介を依頼する方法で問題をクリアすることができます。この点に関しては事情に精通している不動産会社も存在しているので、事前に話し合いを設けることでスムーズに売ることができる可能性が高まります。