高く売れる一戸建てには特徴があります。

 

【一戸建て売却で損しないために】高く早く売りたい方限定

 

一戸建ては家族の多い購買力のある層が購入します。家族が生活しやすい環境にあり、家族のための部屋や設備が充実している住宅ほど高く売れる傾向にあります。周辺環境では小中学校の学区内であることや、コンビニ・スーパーなどが複数あること、病院や老人福祉施設が遠くないところにあることなどが高く売れる条件となります。

 

一戸建てでは公園や緑地、広い道路などの周辺環境の良さも高く売れる条件です。住宅地全体の評判が高ければ、そこに建つ一戸建ても高く売れる傾向にあります。個別の建物に関しては、新築してからの経過年数が価格に大きな影響を与えます。一戸建てを高く売るためには、居住者の常日頃からの努力も必要です。破損か所の補修やシロアリ対策などを行っている場合は、行った日時を記録してアピールすると、評価は高まります。

 

一戸建てでは各室の日当たりの良さも売却価格に影響を与えます。特に、リビングや子供部屋の採光の良さはアピール材料になります。内部は丁寧に使われているかどうかや、仕上げ材の老朽化がないことも高く売れるための条件です。戸建て住宅では生活していく上での近隣住民との関係性も問われます。

 

特に、隣近所とのトラブルが無いことや、子供の通学路が安心して学校に通える環境であるかどうかも考慮されます。住宅の法的な適合性は建築確認申請書の副本によってなされます。確認申請を通った建物であることが売却の前提となります。住宅の性能を客観的に表示する制度も整備されてきました。

 

長期優良住宅であることや、住宅性能表示がされた住宅の場合は、性能面で公的な証明がなされたことになります。住宅金融支援機構の融資により建てられた建物は、建築基準法よりきびしい基準で建てられているので評価を上げることになります。住宅瑕疵担保保証が始まってから建てられた住宅も、瑕疵保険の検査を通っている場合は一定の評価が得られます。

マイホームを購入する際には、大抵住宅ローンを組んで購入していますね。

 

【一戸建て売却で損しないために】高く早く売りたい方限定

 

しかし、諸事情によってそのマイホームを手放したいという方がたくさんいます。
住宅ローンは完済しているけれど、別の土地に引っ越したいという方もいれば、住宅ローンが残っているけれど、経済状況の悪化などでもう払っていけないからという方もいます。

 

実は後者の方が多いくらいです。
夢の一戸建てを購入したのはいいけれど、最初は安い金利だったのが固定期間が終了してとても上がってしまったというパターンも多いですし、単純に収入減というパターンも多いです。

 

ただ、こういうローンが残っている一戸建てを売ることはできるのでしょうか。
住宅ローンが残っているということは、お家は銀行の抵当に入っていますね。
つまり、債務を履行しないと担保として取られてしまうということです。

 

ということは、銀行の所有物のようなものなので、勝手に売却することはできませんね。
しかし、住宅ローンを払えないから売却したいということを銀行に相談してみると、任意売却という方法を提案されることが多いでしょう。
これは、残債を残したまま一戸建てを売ることができます。

 

実はローンを払わないまま放置していると、家は競売にかけられて相場よりかなり低い額で売却されてしまいます。
残債は債務者が支払う義務がありますが、ほとんどの場合払えずに自己破産してしまう方が多いです。

 

自己破産すると所謂ブラックリストになり、その後なんのローンも組めなくなったり、個人情報が官報に載ってしまったりと結構なデメリットがあります。
任意売却も、売却して残った残債は返済していく必要がありますが、競売よりはかなり高く売ることができます。

 

そして引っ越し代等の諸費用も売却益から出してもらうことができますし、残債も可能な範囲で分割して返済することが認められます。
銀行側からしても、自己破産されると一円も戻ってきませんが、任意売却だとある程度の額が戻ってくるのでお互いにとってメリットがあるのですね。

買取と仲介の2種類

 

【一戸建て売却で損しないために】高く早く売りたい方限定

 

不動産として一戸建てを売る場合には、買取と仲介の2種類から選んで売却することができます。

 

どの方法でも不動産会社が対応することに違いはありませんが、売却方法は全く異なるので注意しましょう。買取は不動産会社が直接物件を買い取る方法で、買い取り額に問題がなければ即時売却ができ、売買も直接行うため仲介手数料が要らないというメリットがあります。相手が企業なのですぐに現金化することができ、売却後に残債があっても担当者が金融機関との折衝を代行してくれます。

 

個人が買い取るわけではないので瑕疵担保責任などのアフターフォローも必要なく、解約の心配もありません。ただし、これらのメリットは不動産会社がリフォームを行ったり、再び売却するための広告費などが含まれることから、メリットを補うための費用分を差し引いて、基本的な相場よりも安く買い取られることがあります。仲介手数料がかからないのもその点に含まれており、利益を生むための計算が入っていることを理解しておきましょう。

 

そのため、不動産を高く売りたいという人には向いていません。対する仲介は、不動産会社が自社のネットワークを駆使して購入者を探すというもので、こちらの望んだ金額で売却できる可能性があります。不動産を売る目的として最も大きなメリットとなる相場以上の売却額にできますが、いつまで経っても売れ残るというデメリットもあります。買い手が現れても、条件で折り合いが付かず長期化することも少なくありませんし、成約時は国土交通省の規定する仲介手数料が発生するなど費用面に負担がかかることもあります。

 

手間や時間がかかっても良いから、物件を高く売りたいという場合には向いている方法ですが、後々で買い手からのクレームが来る場合もあるので、ある程度の覚悟は持っておくことが重要です。買取と仲介はメリットやデメリットがはっきりとしているので、どちらが良いということもなく、自分に合う方を選択すると良いでしょう。

 

マンションの査定なら・・・http://www.myanmartradeandinvestment.com/

 

 

大手VS地域密着型

 

【一戸建て売却で損しないために】高く早く売りたい方限定

 

一戸建てを売るときは、大手の不動産会社に依頼するべきか、それとも規模は小さいながら地域に密着している会社を選ぶべきか、多くの人が悩むでしょう。大手であればネットワークが広い、安心できる、というイメージがあります。しかし誠実で地域の特性を理解している地域密着型も捨てがたいところです。

 

何を重視するかにもよりますが、もしも買い手をスムーズに見つけてくれることを優先するのであれば、大手でも中小でも変わりません。不動産会社は、なにも自社が引き受けた売り物件を、自社の窓口にくる購入希望者にしか紹介しないわけではありません。そんなことをしていたら、売れるものも売れなくなってしまいます。

 

売りたい物件があれば購入希望者を、買いたい物件があれば売り出されている物件を、不動産業界全体で共有している情報網から探すことになっています。その情報網とはレインズと呼ばれるコンピュータシステムです。全国の不動産売買情報が登録されており、大小に関わらず、不動産売買を手掛ける会社であれば、いつでも見ることができます。

 

例えば不動産会社と契約を結び、一戸建てを売りに出したとします。契約を結んだ会社は、レインズに物件の情報を登録します。こうしておけば、全国の不動産会社が窓口となってくれます。購入希望者が現れたとき、依頼した不動産会社に話が持ち込まれる、という仕組みです。あくまでも売主の窓口は依頼した不動産会社ですが、買主の窓口はどこでも良いことになります。

 

もちろん不動産会社としては、買主からも売主からも仲介手数料をもえるよう、できれば買主の窓口にもなりたいと思っています。しかしそのような方法には限界があり、不動産の流通を妨げることにもなりかねません。最近は、登録義務のない一般媒介契約を結んだ物件についても、レインズに登録する不動産会社が多くなっています。持ちつ持たれつという考えが定着しているからですが、これにより、大手も中小も持っている情報量に違いがなくなったというわけです。

親兄弟が亡くなったときに、故人が所有していた一戸建てを相続することがあります。

 

【一戸建て売却で損しないために】高く早く売りたい方限定

 

相続した財産が預貯金であれば、それを法定相続人の数だけ平等に分割すれば済みますが、不動産の場合はいろいろ面倒な手続きが必要になってきます。まず、一戸建てを相続したときにはその家の名義が単独名義か共有名義かを調べておきます。

 

単独名義は、その家の名義が一人だけになっていることをさし、共有名義は名義人が複数で登記されていることをいいます。

 

いずれ、受け継いだ一戸建てを売る予定であれば、共有名義ではなく、相続人の誰か一人が受け継ぐのがおすすめです。共有名義にした家は、売却するときにはほかの名義人たちの同意が必要となってくるからです。高く売るために一戸建てのリフォームを行うときにも共有名義の場合は、一人の判断で行うことはできないです。

 

そのため、相続した家に住み続けるつもりはなく、将来的に売ることを考えている場合は、ほかの相続人には現金を支払い、名義は単独名義にしておいた方がよいです。名義変更には期限がありませんが、売る場合は名義を変更しておかなければ、売却することができないため、早めに変更手続きを行うのがおすすめです。次に相続した一戸建てにローンが残っているケースがあります。その場合は、抵当権の抹消手続きが必要になってきます。

 

不動産を売却するときに注意する点としては、相続税の問題です。相続税は、2015年1月1日以降の法改正によって、課税されない金額が下がりました。現在は、「3000万円+600万円×法定相続人の数」が基礎控除になっており、相続人が3人の場合は4800万円までしか免除してもらえなくなりました。

 

そのため、売却する不動産の価格がこの基礎控除額を超える場合は、相続税も支払う必要があります。売却するときには不動産屋さんに相談して、相続した一戸建ての資産価値を調べておく必要があります。場合によっては、売らずにそのまま住み続ける方がお得な場合があります。

 

マンション売却のコツは?